フリーランス

【フリーランスの働き方】実は人の働き方には3つの種類があります

こんにちわ!maicoです😊

今日は【フリーランスの働き方】実は人の働き方には3つの種類がありますというテーマでお話したいと思います。

こんな方におすすめ

フリーランスってどんな働き方なんだろうと思っている人

フリーランスとしての働き方が知りたい人

実際にフリーランスになるためのステップを知りたい人

この記事を読むとこんなことが得られます。

・フリーランスとしての働き方が理解できます

・フリーランスになるためのステップがわかります

これは、わたしが実際に納得して、それを実践していったらフリーランスになれたという体験談も踏まえてお話していこうと思います。

それでは、参ります〜!

【フリーランスの働き方】実は人の働き方には3つの種類があります

実は、人の働き方と収入には3つの種類があります。これを理解した上で、フリーランスというのはどういう働き方をして、どのようにお金をもらうのか?ということをお伝えできればなと思います。

マインドセット

まずは、マインドセットで考え方を共有したいと思います。

キャッシュを生み出すことが先決

ということです。

よくフリーランスっになりたいっていう人の理由として、

  • 時間が自由に使えるからなりたいな
  • 上司との人間関係から解放されたい

とか言う方がいると思うんですが、結構頑張らないと正直難しいと思います。

そもそもその自分の欲求の前に、キャッシュを生み出さないと生活できないですよね。

また、人を幸せにしたいとか周りの人を守りたいとか、言う方もいると思うんですが、自分がそれなりに満たされてないと、人のことって面倒見るのって正直難しいです。

稼げるようになったり、人から必要とされてから、人を幸せにしたいっていうマインドはいいんですが、先決はキャッシュを生み出すことです。

ちなみにホリエモンや元ZOZOタウンの代表の前澤さんは、今は桁違いで社会貢献をしていますが、2人も最初はキャッシュを生み出すことにフォーカスをしていました。

ホリエモン→HP制作会社

前澤さん→レコード販売

今日本のトップを走っているお二人もスタートはキャッシュを生み出すことにフォーカスしていたので、それを念頭においてみてください。

業務委託で仕事を受ける

その上で、フリーランスというのはどのような仕事の仕方かというと、企業から業務委託という形で仕事を請け負うという形が大半になります。

企業はフリーランスのスキルや経験を買います。

フリーランスは報酬をもらう対価として制作物や数字での成果を企業に提供します。

フリーランスのスキルと経験を企業はお金を払って買うという、スキルとお金を交換する形が、よくある形態です。

ということは、フリーランスになるには、お金に変わる『スキル』が必要になってきます。

働き方と収入の種類は3つあります

まずは、

  • キャッシュを生み出すことが先決
  • フリーランスはスキルや結果をお金に変えている

ということをお話しましたが、人の働き方と収入には3つの種類あるとお話した部分をもう少し深掘りしていきたいと思います。

3つの収入の種類

  • TIM
  • RIM
  • KIM

と呼ばれる3つの種類があります。

TIM

time is moneyの頭文字をとってTIMと言います。ここは時間をお金に変えているサラリーマンやアルバイトの方のゾーンです。

「○時間働いたら○円渡します」という時間をお金に変えている方々です。

RIM

result is moneyの頭文字をとってRIMと言います。ここは結果をお金に変えているフリーランスや個人事業主、またはサラリーマンをしているけど副業で稼げるようになった人もその副業の収入はRIMになります。

インセンティブがあるサラリーマンもTIMとRIMの中間という感じです。

その副業で稼げた金額が大きくなっていき、そのまま本業になり、結果でお金がもらえた分で生活できるようになったら完全にRIMです。

スキルや結果をお金に変える。成果報酬の体型になるので、このゾーンの方というのは仕事を楽しんでいるような方々が多い印象です。

KIM

knowledge in moneyの頭文字をとってKIMと言います。ここは知識をお金に変えている経営者や資産家のゾーンになります。

経営者であれば、人を動かしてお金を生み出す。自分の働く時間というのも少なくすることも可能ですよね。
資産家は自分のお金を他者に託してお金を増やすという働き方です。自分は一切働かず、自分のお金が代わりに働いてくれるので、労働する時間というのはほとんどなくなります。

TIMとRIMのゾーンにいる人たちは、まだ自分が働かないと収入がない状態になりますよね。わたしも同様にです。

なので、まずは

TIMにいる方はRIMでお金が稼げそうなスキルをつける、そのために自分の時間とお金を自己投資するところから始める。

TIMとRIMの間にいる人は、RIMの収入の額を大きくするところから、RIMで得た収入を100%にするとこをを目指す。

という、今後自分がしたい働き方のためにすべきことが見えてくると思います。

時給から秒給までを計算する

では、目指すべき働き方が見えてきたら、自分の時給から秒給というのを理解することが大事になってきます。

なぜかというと、自分の時間の価値がわかっていないと、間違った仕事を取ってきてしまったり、人の時間の価値というのを考えられなくなるからです。

例えば、月給30万円の方がいたとしましょう。その方の時間の価値はこちらです。

  • 月給30万円
  • 日給15,000円
  • 時給1666円
  • 分給27円
  • 秒給0.5円

例えば、自動販売機でお茶を買おうと思ったときに1円を落としてしまいました。その1円拾うのに仮に3秒かかったとします。それを拾う行為って、自分の価値を把握してないということになってしまいます。

1円拾うのに3秒使うということは、1.5円を使う=0.5円無駄にしているということになります。

ちょっと小さい数字でわかりずらいと思いますが、1秒の価値をあげる行動をし続けるというマインドセットが大事になってきます。

なので、まずはRIMを目指す方でも、TIMのままでいいと思っている方でも、自分の1秒の価値がいくらなのか計算してみてください。

独立するにも経営するにもサラリーマンをやっていくにも大事な考え方になってきますし、これが考えられれば、数字に強くなりフリーランスでもいい仕事獲得に繋がってきます。

自分の価値を自分で決めることができる働き方ってすごくよくないでしょうか。

まずは、自分の秒給を0.1円でも上げる努力を目標にしてみましょう。

ちなみに1円を拾っていいのは月収10万円以下の人です。まずは自分の価値を把握しましょう!

まとめ

フリーランスになりたい。自分の力で生活していきたいという人が今の時代多くなってきたなという印象があります。そのためには、TIMからRIMへステップアップが必要です。

TIMからRIMへのステップアップは副業を始めて、スキルをつけるというのが最短最速でオススメです!本気になれば3ヶ月でスキルは習得できますので、ぜひチャレンジしてみましょう!